水のトラブルへの対応は未然に考える方がいい

水のトラブルへの対応は未然に考える方がいい 水のトラブルには、さまざまなものがあります。生活している中で水を利用している場所といえば、キッチン、バスルーム、トイレなどがあります。また、外部にも庭の水道などがあり場所も色々です。水は生活する中で重要なものとなります。人が命を継続するためにも重要であり、植物も動物も水がない状態で生きられるものは数少ないといえるでしょう。
生活用水が利用できなくなったら、どういった事態になるのでしょうか。トイレに入ることもできないし、料理をすることもできません。お風呂に入ったり、手を洗うこともできないのです。毎日何気なく利用している水が利用できなくなる要因にはどのようなことがあるのか、その対策なども考えておきたいものです。

■住宅での水のトラブル、その対策とは

住宅の中で起きる水のトラブルといえば、水道、水回りのトラブルです。蛇口のネジが緩くなったり、パッキンが切れる、また錆付から起こるトラブルもあります。長く利用してきた給水装置に劣化が生じ、水回りの故障が起こった場合、その他の部分でも、同じように経年劣化で故障が多くなり、あちこち修理が必要という状態になる家も多いです。
パッキンなどに関してはホームセンターで購入でき、蛇口の形状にもよりますが、自分で交換できるものもあります。自分で交換できるものであれば水漏れが大きな状態になる前に交換すればいいのですが、素人ではできないこともあります。その場合、いつでも連絡できる水道工事店や、水のトラブルに対応してくれる業者に来てもらうことも必要です。

■いきなり起こることも多い水のトラブル
パッキンなどが劣化し、じわじわ蛇口から垂れてくる水の量が多くなるということもあります。この場合、パッキンが原因だなと考え、自分で対応できるなら対応し、できないようなら業者さんに依頼を考えることができるでしょう。しかし水のトラブルというのは、いきなり、一気にひどい状態になることもあるのです。
経年劣化によって水道のどこかで詰まりが生じると配管の破損を起こすこともあります。配管が破損すると水が大量に流れ出て、元栓を止めるまで水が出っぱなしとなるのです。元栓の位置などがわかっていれば対応できますが、多くの場合はパニックになることが多いです。止水栓の位置、元栓の位置などを理解しておくことも必要でしょう。水のトラブルに対応してくれる業者さんの連絡先を、家族みんながわかるところに貼っておくなどすれば、急なトラブルにも焦ることなく連絡できます。

■日頃からメンテナンスを考える方がいい

新築の家で水道のメンテナンスを考える必要はないと思いますが、ある程度年数が経過した住宅などの場合、一度水道業者に見てもらう方が安心です。キッチン、バスルーム、トイレなどの水回りが利用できなくなると生活に大きく支障をきたします。水道の蛇口からぽたぽたと水が出るようになった、洗面台からきれいに水が流れない、といった状態で業者の方に一度来てもらえば、大惨事になる前に修繕できるのです。
集合住宅で水漏れが起きれば、下の階の人に被害を与えることもあります。おかしいな、調子が悪いなと少しでも思った時に、専門業者に見てもらっておくほうが安心できます。老朽化している住宅ほど、配水管なども老朽化している可能性が高いので、手入れを考えることは住宅のためにも重要なことなのです。

■まとめ
日本では災害や水不足などがない限り、水の心配をすることはありません。いつでも蛇口をひねれば水が出るので、水を何気なく利用している人が多いと思います。しかし、そういう生活を送っているからこそ、水は重要です。
トイレに行くにも料理をするにも、利用できなくなれば困るのはご家族、そこに暮らす人たちになります。大きな故障になる前に、水のトラブルが小さいうちに、まだ起きないうちに対応していくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース